相棒 season14 あらすじ 14話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

相棒 season14 あらすじ 14話

相棒 season14 あらすじ 14話

反町隆史演じる“新・相棒”は法務官僚。

「相棒 season14」2月3日(水)は14話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

相棒 season14 あらすじ 14話の紹介です。

ラン栽培を手掛ける会社の社長の他殺体が鉄道の高架下の駐車場で見つかる。

現場近くの橋脚に描かれた不可解な絵を見た右京(水谷豊)は、ある劇場に向かう。

劇場には、例の橋脚の前でいつもネタ合わせをしている売れないお笑いコンビ「でんすけ」が出演しているはずだった。

だが、コンビの片方・コースケ(駒木根隆介)が出番をすっぽかして行方不明だと分かる。

右京と亘(反町隆史)は、コースケの相方・伝(渋谷謙人)から話を聞く。

以上が、相棒 season14 あらすじ 14話の紹介でした。

「相棒 season14」の放送はテレビ朝日系にて、毎週水曜 21:00〜21:54 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。