鴨川食堂 あらすじ 4話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

鴨川食堂 あらすじ 4話

鴨川食堂 あらすじ 4話

忽那汐里さんがNHK連続ドラマ初主演! 

「鴨川食堂」1月31日(日)は4話目の放送となります。

13年振り連ドラ出演の萩原健一さんにも注目!!

鴨川食堂 あらすじ 4話が公開されました。

詳しい内容は下記の通りです。

流(萩原健一)の刑事時代の同僚で現在は警備会社で働く窪山(大地康雄)がやって来る。

近く再婚することになり、群馬・高崎に行くという窪山は、その前に亡き妻の鍋焼きうどんをもう一度、食べたいと依頼する。

しかも、その味を再婚相手の女性に作ってもらいたいと訴える。

こいし(忽那汐里)はすかさず「それはないわ」と返答するが、料理上手だったという亡き妻が作った鍋焼きうどんが忘れられずにいる窪山の話が始まる。

以上が、鴨川食堂 あらすじ 4話の紹介でした。

「鴨川食堂」の放送は、NHK BSプレミアムにて毎週日曜 22:00〜22:50 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。