大岡越前3 あらすじ 3話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

大岡越前3 あらすじ 3話

大岡越前3 あらすじ 3話

東山紀之版「大岡越前」の第3弾。

「大岡越前3」1月29日(金)は3話目の放送となります。

物語はどんな痛快時代劇となるのか・・・

大岡越前3 あらすじ 3話の紹介です。

忠高(津川雅彦)が助けた娘の祖父で米問屋の主・田丸屋善右衛門(神田正輝)が、お礼に米を小石川養生所に運ぶことに。

仮病を使って養生所暮らしをしている松吉(坂田聡)は、善右衛門を見て、昔の顔見知りだと気付く。

ところが、善右衛門の所に行くと言っていた松吉が翌日、遺体で見つかる。

越前(東山紀之)らは善右衛門に確認するが、善右衛門は松吉と面識はないと言い放つ。

以上が、大岡越前3 あらすじ 3話の紹介でした。

「大岡越前3」の放送は、NHK BSプレミアムにて、毎週金曜 20:00〜20:45 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。