ナオミとカナコ あらすじ 3話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

ナオミとカナコ あらすじ 3話

ナオミとカナコ あらすじ 3話

ベストセラー作家・奥田英朗の同名小説を連続ドラマ化。

「ナオミとカナコ」1月28日(木)は3話目の放送となります。

連続ドラマ主演は約1年振りとなる広末涼子が、内田有紀と初共演。

ナオミとカナコ あらすじ 3話は下記の内容となります。

直美(広末涼子)は、達郎(佐藤隆太)とそっくりの不法滞在中国人・林(佐藤=2役)の姿を加奈子(内田有紀)に見せ、達郎の殺害計画を明かす。

それは達郎の遺体をどこかに隠した後、林を達郎のパスポートで中国に行かせ、ただの失踪を装うというものだった。

さらに林を呼び出した直美は、報酬200万円で他人に成り済まし、そのパスポートを使って帰国してほしいと依頼する。

戸惑う林に、直美はそれで加奈子が救われるのだと話す。

以上が、ナオミとカナコ あらすじ 3話の紹介でした。

「ナオミとカナコ」の放送はフジテレビ系にて、毎週木曜 22:00〜22:54 です。

広末涼子さんと内田有紀さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。