ヒガンバナ あらすじ 3話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

ヒガンバナ あらすじ 3話

ヒガンバナ あらすじ 3話

堀北真希が特殊能力で難事件を解決する、異色の刑事ドラマを待望の連続ドラマ化!

「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」1月27日(水)は3話目の放送となります。

結婚後、初ドラマ出演となる堀北真希さんにも注目です。

ヒガンバナ あらすじ 3話の紹介です。

カリスマ主婦ブロガー・早紀(紺野まひる)のサイン会会場で、脅迫文が見つかり、渚(堀北真希)たちが捜査を開始。

同様の脅迫文が、ほか数人のカリスマ主婦のブログにも書き込まれていたことが分かる。

その中で、唯一身元が特定できなかった人物が、自宅アパートで他殺体で発見された独身の派遣社員・雅子(安藤玉恵)と判明。

そんな中、渚と雪乃(檀れい)は、小学生の息子・悠(須田瑛斗)と暮らす早紀の警護を命じられる。

以上が、ヒガンバナ あらすじ 3話の紹介でした。

「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」の放送は、
日本テレビ系 にて 毎週水曜 22:00〜23:00 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。