相棒 season14 あらすじ 13話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

相棒 season14 あらすじ 13話

相棒 season14 あらすじ 13話

反町隆史演じる“新・相棒”は法務官僚。

「相棒 season14」1月27日(水)は13話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

相棒 season14 あらすじ 13話の紹介です。

転落死事件を捜査した伊丹(川原和久)は、亡くなった女性の元上司に届いたという遺書らしきメールの内容や現場の状況から、自殺と断定。

しかしその1カ月後、女性の死は殺人だったとある新聞がスクープ、犯人から送られてきたという手記を掲載する。

新聞の編集部に出向いた伊丹は、犯人の手記の提出を拒否されてもめ、自宅待機処分に。

一方、同紙のバックナンバーを調べた右京(水谷豊)は、ある広告記事に注目する。

以上が、相棒 season14 あらすじ 13話の紹介でした。

「相棒 season14」の放送はテレビ朝日系にて、毎週水曜 21:00〜21:54 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。