愛おしくて あらすじ 3話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

愛おしくて あらすじ 3話

愛おしくて あらすじ 3話

田中麗奈が愛をなくした孤独な絞り染め作家を演じる大人のラブストーリー

「愛おしくて」1月26日(火)は3話目の放送となります。

物語はどんな大人のラブストーリーとなるのか・・・

愛おしくて あらすじ 3話をお届けいたします。

小夏(田中麗奈)の部屋から脱走した保護犬がようやく発見される。

小夏はその犬を小春と名付け、大事に世話をしようと誓う。

数カ月後、怜子(秋吉久美子)は小夏が作った有松絞の照明スタンドを自分の作品としてマスメディアに発表する。

小夏は怜子を問い詰めるが、怜子は女王然として全く取り合わない。

そして、光太郎(吉田栄作)に結婚を申し込んでいた怜子はその返事を迫る。

しかしその夜、光太郎は小夏のアパートへ向かう。

以上が、愛おしくて あらすじ 3話の紹介でした。

「愛おしくて」の放送はNHK総合にて、毎週火曜 22:00〜22:50 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。