傘をもたない蟻たちは あらすじ 3話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

傘をもたない蟻たちは あらすじ 3話

傘をもたない蟻たちは あらすじ 3話

NEWSの加藤シゲアキの短編小説集がドラマ化。

「傘をもたない蟻たちは」1月23日(土)は3話目の放送となります。

物語はどんな展開を迎えるのか・・・

傘をもたない蟻たちは あらすじ 3話をお届けいたします。

幼なじみの啓介(加藤シゲアキ)とけんか別れをした純(桐山漣)は、連絡先を調べるために中学の卒業アルバムを捜していて、アルバムとともに古い文芸誌を見つける。

16年前、海辺の町に住む中学2年の純(小林亮太)と啓介(市川理矩)は、鮮魚店を営む漁師の‘根津爺’(竜雷太)の家に入り浸る日々を送っていた。

ある日、3年生が書いた短編小説が賞を取り、文芸誌に掲載される。

以上が、傘をもたない蟻たちは あらすじ 3話の紹介でした。

「傘をもたない蟻たちは」の放送はフジテレビ系にて、毎週土曜 23:40〜24:05 です。

加藤シゲアキさんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。