警視庁ゼロ係 あらすじ 2話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

警視庁ゼロ係 あらすじ 2話

警視庁ゼロ係 あらすじ 2話

小泉孝太郎が“究極のKY”刑事役で新境地開拓。

「警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜」1月22日(金)は2話目の放送となります。

物語はどんなコミカルなミステリーとなるのか・・・

警視庁ゼロ係 あらすじ 2話の紹介です。

冬彦(小泉孝太郎)は、お茶くみ係として参加していた連続放火事件の捜査本部で突然、犯人は別にいると発言するが、全く相手にされない。

諦めきれない冬彦は、寅三(松下由樹)を連れて、放火事件の被害者・中曽根(國本鍾建)が所属していた暴力団の事務所へ向かう。

冬彦はいきなり組長・南郷(大浦龍宇一)に「犯人はあなたですね」と迫るが、鼻であしらわれてしまう。

その夜、また放火事件が発生。

被害者は南郷だった。

以上が、警視庁ゼロ係 あらすじ 2話の紹介です。

「警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜」の放送は
テレビ東京系にて、毎週金曜 20:00〜20:54 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。