お義父さんと呼ばせて あらすじ 1話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

お義父さんと呼ばせて あらすじ 1話

お義父さんと呼ばせて あらすじ 1話

遠藤憲一と渡部篤郎のダブル主演で描く、家族再生がテーマのホームドラマ

「お義父さんと呼ばせて」1月19日(火)は1話目の放送となります。

物語はどんな幕開けとなるのか・・・

お義父さんと呼ばせて あらすじ 1話の紹介です。

51歳の保(遠藤憲一)は、中堅専門商社の熱血部長。

仕事に没頭するあまりこれまで結婚に縁がなかったが、28歳も年下の女性と運命的に出会い、交際中だ。

51歳の紀一郎(渡部篤郎)は、大手総合商社の最年少役員。

妻・静香(和久井)と1男2女に囲まれ、しばしば雑誌にも登場している。

ある日曜日、長女・美蘭(蓮佛美沙子)が自宅に恋人を招いた。

その相手は保で、紀一郎はがくぜん。

一方、保も美蘭に聞いていた話と違い、絶句する。

以上が、お義父さんと呼ばせて あらすじ 1話の紹介でした。

「お義父さんと呼ばせて」の放送はフジテレビ系にて毎週火曜 22:00〜22:54 です。

どうぞ、お楽しみください。


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。