臨床犯罪学者 火村英生の推理 あらすじ 1話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

臨床犯罪学者 火村英生の推理 あらすじ 1話

臨床犯罪学者 火村英生の推理 あらすじ 1話

有栖川有栖の名作をドラマ化!

「臨床犯罪学者 火村英生の推理」いよいよ1月17日(日)放送スタートです。

斎藤工と窪田正孝のワケあり名探偵コンビにも注目!!

臨床犯罪学者 火村英生の推理 あらすじ 1話の紹介です。

研究の一環として警察に協力している犯罪学者の火村(斎藤工)は、ある夜、京都府警の警部・鍋島(生瀬勝久)に呼び出され、友人で推理作家の有栖(窪田正孝)と、事件現場に駆け付ける。

現場はホテルで、宿泊中のマジシャン・ニック(戸次重幸)の部屋で彼の助手が刺殺体で発見されたという。

火村は、ニックと言葉を交わしただけで、事件を解決してしまう。

そんな中、世間を騒がす連続通り魔事件の3人目の被害者が見つかる。

以上が、臨床犯罪学者 火村英生の推理 あらすじ 1話の紹介でした。

「臨床犯罪学者 火村英生の推理」の放送は、
日本テレビ系にて 毎週日曜 22:30〜23:25 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。