大岡越前3 あらすじ 1話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

大岡越前3 あらすじ 1話

大岡越前3 あらすじ 1話

東山紀之版「大岡越前」の第3弾。

痛快時代劇の新シーズン「大岡越前3」1月15日(金)放送スタートです。

物語はどんな幕開けとなるのか・・・

大岡越前3 あらすじ 1話の紹介です。

正月、絹物問屋の主人・松屋四郎兵ヱ(綾田俊樹)は鯖江五万石の下屋敷に白絹を納めることに。

だが、手荒な侍に因縁をつけられてけがをしたため、代わりに手代の新助(矢本悠馬)が白絹を運ぶ。

だが当日、新助が途中で休憩した隙に白絹が盗まれてしまう。

事情を聞いた江戸町奉行・大岡忠相(東山紀之)は、荷がなくなった現場に立つ地蔵を捕らえ、白州で裁くと言い出す。

大勢の見物人が詰め掛ける中、裁きが始まり・・・。

以上が、大岡越前3 あらすじ 1話の紹介でした。

「大岡越前3」の放送は、NHK BSプレミアムにて、毎週金曜 20:00〜20:45 です。


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。