ちかえもん あらすじ 1話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

ちかえもん あらすじ 1話

ちかえもん あらすじ 1話

青木崇高、松尾スズキら個性派が集結!

「ちかえもん」1月14日(木)は1話目の放送となります。

物語は、 近松門左衛門が騒動に巻き込まれる人情喜劇。

ちかえもん あらすじ 1話の紹介です。

大坂道頓堀で人形浄瑠璃「曾根崎心中」が空前の人気となった元禄16年。

その半年前、作者・近松門左衛門(松尾スズキ)は大スランプに陥っていた。

座主の竹本義太夫(北村有起哉)から怒られ母・喜里(富司純子)にもあきれられた近松は茶屋に入り浸り、年増遊女・お袖(優香)に愚痴をこぼしながら酒を飲んで現実逃避。

そんな彼の前に渡世人・万吉(青木崇高)が現れた。

一方、油問屋の黒田屋九平次(山崎銀之丞)が近松に接近する。

以上が、ちかえもん あらすじ 1話の紹介でした。

「ちかえもん」の放送は、NHK総合にて、毎週木曜 20:00〜20:45 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。