ヒガンバナ あらすじ 1話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

ヒガンバナ あらすじ 1話

ヒガンバナ あらすじ 1話

堀北真希が特殊能力で難事件を解決する、異色の刑事ドラマを待望の連続ドラマ化!

「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」1月13日(水)放送スタートです。

結婚後、初ドラマ出演となる堀北真希さんにも注目です。

ヒガンバナ あらすじ 1話の紹介です。

東京五輪の施設を巡る視察船が出航しようとする中、近くのビルで転落遺体が見つかる。

警備をしていた捜査一課の雪乃(檀れい)は、遺体がストーカー被害届の出ていた千鶴(関めぐみ)だと気付く。

そこに七課の渚(堀北真希)が現れ、千鶴が突き落とされた場所に立つと「うそつき」とつぶやき倒れ込んだ。

渚を病院に運んだ雪乃は心療内科医の百合子(高橋惠子)から、渚は事件現場に渦巻く感情に‘シンクロ’すると聞かされて・・・。

以上が、ヒガンバナ あらすじ 1話の紹介でした。

「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」の放送は、
日本テレビ系 にて 毎週水曜 22:00〜23:00 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。