相棒 season14 あらすじ 11話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

相棒 season14 あらすじ 11話

相棒 season14 あらすじ 11話

反町隆史演じる“新・相棒”は法務官僚。

「相棒 season14」1月13日(水)は11話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

相棒 season14 あらすじ 11話の紹介です。

右京(水谷豊)は、女優のかなえ(高橋かおり)の姉でマネジャーを務める恵子(白土直子)が殺された事件を捜査。

恵子の元夫・森山(祖父江進)に容疑が掛かっており、亘(反町隆史)の友人がその森山の弁護を担当しているのだ。

右京は、事件当日、かなえが共演者のベテラン女優・万里子(多岐川裕美)とトラブルを起こし、撮影が中断したと聞く。

一方で、右京は7年前に婚約と引退を発表したかなえが、婚約者のスキャンダルで破談になっていたことを知る。

以上が、相棒 season14 あらすじ 11話の紹介でした。

「相棒 season14」の放送はテレビ朝日系にて、毎週水曜 21:00〜21:54 です。


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。