鴨川食堂 あらすじ 1話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

鴨川食堂 あらすじ 1話

鴨川食堂 あらすじ 1話

忽那汐里がNHK連続ドラマ初主演! 

「鴨川食堂」いよいよ1月10日(日)放送スタートです。

物語はどんな幕開けとなるのか・・・

鴨川食堂 あらすじ 1話が公開されました。

詳しい内容は下記の通りです。

京都・東本願寺の近くで、元刑事の流(萩原健一)が営む食堂にはのれんも看板もない。

手掛かりは「思い出の食、探します」と書かれた一行広告のみだ。

それを見て、東京から若き経営者・伊達(半田健人)がやって来た。

伊達は流が作った京料理を平らげた後、食堂の奥で探偵事務所を開く流の娘・こいし(忽那汐里)に、幼いころに食べた母の肉じゃがを探して再現してほしいと依頼する。

こいしは、伊達からヒントを聞き出す。

以上が、鴨川食堂 あらすじ 1話の紹介でした。

「鴨川食堂」の放送は、NHK BSプレミアムにて毎週日曜 22:00〜22:50 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。