真田丸 あらすじ 1話 - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

真田丸 あらすじ 1話

真田丸 あらすじ 1話

堺雅人さん主演 NHK大河ドラマ「真田丸」いよいよ1月10日(日)放送スタートです。

脚本は三谷幸喜で真田幸村の生涯を描く!!

物語はどんな幕開けとなるのか・・・

真田丸 あらすじ 1話の紹介です。

天正10(1582)年。

武田家は当主・勝頼(平岳大)の下、絶体絶命の危機に直面していた。

重臣の裏切りをきっかけに織田信長(吉田鋼太郎)の大軍勢が領内に侵攻し、諸城が次々に陥落する事態に陥る。

武田に仕える真田昌幸(草刈正雄)は上野国にある自らの居城・岩櫃城(いわびつじょう)で織田を迎え撃つよう進言し、準備のために一足先に出発する。

残された昌幸の息子・信幸(大泉洋)と信繁(堺雅人)の兄弟の元に勝頼がやって来て、「岩櫃には行かない」と告げる。

兄弟は甲斐の岩殿城へと逃げる武田の本隊と別れ、父の待つ岩櫃に向かうことを決断する。

そして、敵が目前に迫る中、家族を守りながらの決死行が始まる。

以上が、真田丸 あらすじ 1話の紹介でした。

「真田丸」の放送はNHK総合にて毎週日曜 20:00〜20:45 です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。