わたしを離さないで あらすじ - 2016 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

わたしを離さないで あらすじ

わたしを離さないで あらすじ

特別な使命を抱えて生きる男女の、数奇な運命を描くヒューマン・ラブストーリー。

「わたしを離さないで」1月15日(金)放送スタートです。

綾瀬はるかさん、三浦春馬さん、水川あさみさんの共演で、
カズオ・イシグロの衝撃作を初のドラマ化

気になるあらすじは下記の内容となります。

病院で機械的に“ある仕事”をしている保科恭子(綾瀬はるか)は、表情がなく、心の中は疲れとあきらめに満ちていた。

その20年前、山中の陽光学苑という施設で、土井友彦(中川翼=幼少期、三浦春馬)、酒井美和(瑞城さくら=幼少期、水川あさみ)らと共同生活をしていた恭子(鈴木梨央=幼少期)は人望が厚く、優しく素直な女の子だった。

ある日、校長の神川恵美子(麻生祐未)の教育理念に惹かれて、新しい教師・堀江龍子(伊藤歩)が赴任してくる。

しかし、龍子は次第に子供たちの教育に違和感を覚え始める。

そんな時、神川が恭子ら子供たちに、「あなたたちは生まれながらにして“使命”を持っている」と語り始める。

以上が、わたしを離さないで あらすじの紹介でした。

「わたしを離さないで」の放送はTBS系にて、毎週金曜 22:00〜22:54 です。

三浦春馬さんファンの方はお見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。